AGAの治療には内服薬と外用薬だけでなく施術もあります。

ここではグロースファクター再生療法を紹介します。

グロースファクター療法では、注射もしくはダーマスタンプを使って薬液を頭皮に注入・浸透させます。

通常、人間の髪の毛はある一定期間育成し、抜け落ちるというサイクルに乗っています。

育成が止まってしまう場合は、遺伝やストレス、不規則な食生活、男性ホルモンが関係していると言われています。

グロースファクター再生療法で有名なのはHARG療法で、HARGカクテルという薬液を使用します。

発毛に必要な成分を幹細胞から取り出して頭皮に注入し、毛髪の育成を止めている幹細胞を刺激します。

しかし、それ以上に発毛力を高める効果が非常に強く、男性ホルモンがあまり影響していない女性の薄毛にも効果が認められます。

HARG療法は治療回数が少なくて済むのが特徴で、

3週間に1回程度、3回で1クールといった頻度で、約半年から1年程度で終了します。

他の治療に比べて値段は高いですが、ずっと続ける必要が無く、短期集中で効果が持続するので、費用対効果、顧客満足度も高い療法です。

副作用も現時点では報告されておらず、安全な施術と言えるでしょう。